INFORMATION

お知らせ

こんにちは。今回は、私たちの体の中で一番硬い部分である「歯」について詳しくお話しします。歯は、食べ物を噛み砕くために非常に重要な役割を果たしていますが、その硬さについてはあまり知られていないかもしれません。この記事では、歯の硬さの秘密と、それにまつわる驚きの事実を紹介します。


1. 歯の硬さの秘密:エナメル質
歯が体で一番硬い理由は、その表面を覆っている「エナメル質」にあります。

エナメル質とは:エナメル質は、歯の最外層を覆う非常に硬い組織で、主にハイドロキシアパタイトという鉱物で構成されています。このハイドロキシアパタイトは、カルシウムとリン酸からできており、非常に硬くて耐久性があります。
硬さの比較:エナメル質はモース硬度で約5程度であり、これは窓ガラスや鋼の刃物に匹敵する硬さです。人体の他の部分(例えば骨や爪)よりも遥かに硬いのです。

2. 歯の構造とその役割
歯の硬さは、その構造によっても支えられています。歯は、エナメル質だけでなく、象牙質、歯髄、セメント質から構成されています。

象牙質:エナメル質の下にある象牙質は、エナメル質よりも少し柔らかいですが、それでも非常に強固です。象牙質には微細な管が通っており、神経に繋がっています。
歯髄:歯の中心部にある歯髄は、血管と神経が通っており、歯に栄養を供給し、感覚を伝える役割を果たします。
セメント質:歯の根を覆う硬い組織で、歯を歯槽骨に固定する役割を担っています。

3. 歯の硬さの役割
歯の硬さは、私たちの日常生活において重要な役割を果たしています。

食べ物の摂取:歯は食べ物を噛み砕き、消化を助けるために必要不可欠です。硬い食べ物(例えばナッツや生の野菜)を噛み砕くためには、強くて硬い歯が必要です。
発音のサポート:歯は、言葉を正確に発音するためにも重要です。歯がないと、一部の音をうまく発音できなくなります。

4. 歯のケアが重要な理由
硬いとはいえ、歯も適切なケアが必要です。エナメル質が損傷すると、修復することは難しいため、日常的なケアが重要です。

歯磨き:毎日少なくとも2回、フッ素入りの歯磨き粉を使って歯を磨きましょう。フッ素はエナメル質を強化し、虫歯の原因となる酸の攻撃から歯を守ります。
フロス:フロスを使って、歯と歯の間の汚れを取り除くことで、虫歯や歯周病の予防ができます。
定期検診:少なくとも半年に一度は歯科医院で定期検診を受け、専門的なクリーニングを行いましょう。

5. 驚きの事実:歯の再生能力
エナメル質は一度損傷すると自然には再生しませんが、歯の他の部分には再生能力があります。

象牙質の再生:象牙質は、歯の内部で新しい象牙質が生成されることで、ある程度再生する能力があります。これは、歯髄に存在する細胞が活性化されるためです。
歯髄の治癒:歯髄が軽度に損傷した場合、自己修復能力があります。ただし、重度の損傷の場合は専門的な治療が必要です。

歯は、体で最も硬い部分であり、その硬さは私たちの日常生活において重要な役割を果たしています。エナメル質の強さと歯の構造が、食べ物を噛み砕き、健康を保つために欠かせないものとなっています。しかし、硬いからといってケアを怠るわけにはいきません。適切な歯のケアと定期的な歯科検診を続けることで、健康な歯を長く保ちましょう。

宇治市 中村歯科医院院長 歯周病学会専門医 中村航也